Books

2010.07.26

今何かに悩み苦しんでいる方へ

みなさま
ごきげんようvirgoheart

ちょっと前から、
バイト先で、ある人に怒られまくってて、
どうにも心が重い日々を送っていた私。


そんなある日、電車である本を読んでいて
とても慰められ、うっすら涙がでてきた言葉があります。


「 もちろん、人生が完全にもつれてしまっていれば、それを再び蘇生させ、整理する
 には時間がかかるでしょう。しかし、重要なことは、私たちはまだ生きているという
 事実です。私たちは、息をしており、私たちの人生をより豊かにし、深めることがで
 きるチャンスはいくらでもあるのです。息をしている限り、自らを変化させることが
 でき、「天和堂――天国の調和を成した家庭」をつくることができるのです。」


最後の部分が統一教会的要素、が入ってますが、
要は、私たちはまだ『生きてる』んだ!!!
ってこと。
そして生きてれば、変われる・変えられる可能性がいくらでもあるってこと。
今のまま終わりじゃない。

なんか、とにかく、
私は
慰められたのです。


なんで、
他にもこの言葉が誰かを慰めたり、力になったらいいなと思って
今日のブログを書いてます。


絶望から希望得た、
といっては言いすぎですが。

絶望してたわけじゃないけど、
なんか、背中を押してもらえたというか、
背中を支えてもらったというか、
勇気をもらえた。前向きに一歩進んでみようと力が湧きそうな
そんな言葉。


この本は
「天和堂 心身統一と家庭和合の修練」

Photo_3

著者:文 亨進
    統一教会の教祖(教祖ってなんか響きがヤダ。。):文 鮮明先生の息子さま。
    世界平和統一家庭連合の世界会長&韓国会長をされている。


実はまだ、"はじめに"しか読んでないんで、全体的にどんな本かわかりません・。・;
気になる方がいたら、ぜひ一緒に読みましょ~note


cloverclover今日のぴんぽんcloverclover

Photo_5 ケータイなんでうまく撮れないweep

左からぶっちゃー、みかん、おもに(むねっぷん)ですscissors
よろちくhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.05

いま、私にできること

「ハチドリのひとしずく   いま、私にできること」より


〜この物語は、南アメリカの先住民に伝わるお話です〜


森が燃えていました


森の生きものたちは
われ先にと
逃げて
いきました


でもクリキンディという名の
ハチドリだけは
いったりきたり
くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます


動物たちがそれを見て
「そんなことをして
いったい何になるんだ」といって笑います


クリキンディは
こう答えました


「私は、私にできることをしているだけ」


〜〜
地球温暖化、戦争、飢餓、貧困……。ぼくたちの生きている世界は深刻な問題でいっぱいです。〜 〜自分にできることなんか何もない」とぼくたちがあきらめを〜 〜「私にもできることがある」と思えたら、その瞬間、ぼくたちの問題の半分はすでに解決しているのではないでしょうか。〜
〜〜


「わたしたちのすることは

大海の
たった一滴の水
にすぎないかもしれません

でもその一滴の水が集まって

海となるのです」

マザー・テレサ


clovershineclovershineclover

自分は
ちっぽけな存在
ちっぽけなことしかできないけど…
と思っているとき
そんな自分を肯定してくれ

前向きになれる、勇気をくれる、背中を押してくれた言葉たちです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)